上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんにちは!
喉の痛みも引いてきて、一安心のゆってぃです。

さて、以前のブログでお話したとおり、ついに念願のオシロを手に入れました!!

これで電気工作の効率が飛躍的に向上することは間違いありません(笑)
ですので、早く自慢したいですし今回はオシロの波形を交えてPICマイコンの記事を書きたいと思います。

以前にPICマイコンのソフトウェアのお話はいくつか乗せたのですが、全く回路図を載せていないことに気がついてしまいました(汗)
PIC入門を謳っているにも関わらずこれは良くないですね(すみませんでした…)

今回は(まだ特に書くこともないので)周辺回路図と、クロックの波形をお見せしたいと思います。

簡単な回路図を載せておきます。
基本的に、過去のLEDを点滅させるソフトは、この回路で動いています。

sample001.png

この時、OSC2/CO端子からは、以下の波形が出力されます。

Fosc.png

約420kHzです。
この端子は、RC発振のときはFosc/4が出力されるので、Foscは約1.68MHzということになります。
仕様書のP65に、外付けのRCと、Foscの対応表がありますので、狙った周波数を出したい場合にはこの表を参考にして下さい。(ただし、温度特性は大きいと思うのでご注意を!)

という訳で、今回はここまで!(短い!!><)
次回以降は、もう少し凝った回路でソフトを動かしてみましょう。

なお、この回路で動かせる最も簡単なソースコードは、以下の記事をお読みください。

【PICマイコンで遊ぶ 超入門編(C言語)】
http://technologicaladvance.blog.fc2.com/blog-entry-18.html

最後までお読みいただいて、ありがとうございました!
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
トラックバック URL
トラックバック
ご訪問者様
プロフィール

ゆってぃ

Author:ゆってぃ
経歴7年の組み込み系・制御系エンジニアです。
("ど素人"という文言は取りました…笑)
ソフトウェア開発経験ゼロの状態から、なんとか実務がこなせるようになってきた現在に至るまでの経験を、備忘録代わりに綴っていきたいと思います。
入門者の方、大歓迎!
(上級者の方、ごめんなさい…)

あと、ブログには全然関係ないですが、Bumpy Headというバンドのギターをやっています。
ライブ情報なんかも書いたりすることがあるので、その時に「行ってもいいよ~」といった感じのコメントを戴けると、泣いて喜びます(泣)
ブログ読んでくださってる方なら、チケット代サービスしちゃいます!

最後に…滅多に流用することは無いでしょうが、このブログに書かれているソースは、特に指定の無い限りMITライセンスとします。ただし、一部それ以外のものもございますのでご注意下さい。
※ブログのリンク先にあるコードに関しては、リンク先のポリシーに従ってください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter
リンク
ブロとも申請フォーム
スポンサードリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。