こんにちは!
ゴールデンウィークでテンションが上がりまくりんぐのゆってぃです!
特に予定はありませんがやはり大型連休はうれしいですね^^

さて、毎年この時期になると、CQ出版社さんから付属マイコン基板つきのInterfaceが発売されます。
今年はなんとCortex-M3コアを内蔵した富士通のFM3マイコン、MB9BF618Tが付属されています!

このマイコン、超豪華です。
なんでも出来ます。
タイマーが本当に豊富でモーター制御に適しているので、エアコンだろうが洗濯機だろうがマッサージ器だろうが、たぶんこのチップのみで制御できます。

もっとも、実際の開発現場では、白物家電や車載、FAなどを除けばここまで高価なマイコンを使用することは無いでしょう。
同じFM3マイコンでも、もう少し下のグレードのものになると思います。

けれども、コアはもちろんペリフェラルレジスタ名も同じなので、この付属基板でFM3マイコン開発に慣れておけば、そのノウハウは実務でも大いに役立つことでしょう!
僕はいままでルネサス派(SH系や旧NECエレの78K0系)だったのですが、最近のARMの急速な普及状況を見ると、やはりARMマイコンにも慣れておかないといけませんね。

という訳で、さっそくLEDペコペコプログラムを作成してみましたよ!

因みに、開発環境にはIAR Embedded Workbenchのコードサイズ限定版(評価版)を使用しています。
また、インクルードファイルやスタートアップファイル・初期化ファイルは、富士通HPからダウンロードしたテンプレートファイルを使用しています。
詳細は、インターフェース6月号をご参照ください。

//-----ここから-----//

#include"mcu.h"

static void initPort(void);

int32_t main(void)
{

 int i;

 initPort();

 while(1){
  for(i=0;i<2000000;i++);
  bFM3_GPIO_PDORF_P3 = ~bFM3_GPIO_PDORF_P3;
 }

 return 1;

}

static void initPort(void){

 bFM3_GPIO_PFRF_P3 = 0;
 bFM3_GPIO_PZRF_P3 = 1;
 bFM3_GPIO_DDRF_P3 = 1;
 bFM3_GPIO_PDORF_P3 = 0;

}

//-----ここまで-----//

どうです?
我らがPIC16F84Aで学習したものと、大して変わらないでしょう?(そうか・・・?)
PIC先生で学んだことは、他のどのマイコンを開発することになっても、必ず生きてくるのです(本当か・・・?)


ちなみに、インターフェースの本誌にはSysTickタイマーを使用したサンプルコードが書かれていましたが、このタイマーはコアのタイマーを使用しているので、あまりアプリケーションプログラムからは使用しないほうがいい気がします。
ですので、あえてfor文でウエイトを入れたプログラムにしました。

タイマーはFM3のペリフェラルタイマーを使用しましょう。
次回は、FM3のもつタイマーを用いたLEDペコペコプログラムを掲載いたします!

最後までお読みいただいて、ありがとうございました!(感謝)
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
トラックバック URL
トラックバック
ご訪問者様
プロフィール

ゆってぃ

Author:ゆってぃ
経歴7年の組み込み系・制御系エンジニアです。
("ど素人"という文言は取りました…笑)
ソフトウェア開発経験ゼロの状態から、なんとか実務がこなせるようになってきた現在に至るまでの経験を、備忘録代わりに綴っていきたいと思います。
入門者の方、大歓迎!
(上級者の方、ごめんなさい…)

あと、ブログには全然関係ないですが、Bumpy Headというバンドのギターをやっています。
ライブ情報なんかも書いたりすることがあるので、その時に「行ってもいいよ~」といった感じのコメントを戴けると、泣いて喜びます(泣)
ブログ読んでくださってる方なら、チケット代サービスしちゃいます!

最後に…滅多に流用することは無いでしょうが、このブログに書かれているソースは、特に指定の無い限りMITライセンスとします。ただし、一部それ以外のものもございますのでご注意下さい。
※ブログのリンク先にあるコードに関しては、リンク先のポリシーに従ってください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter
リンク
ブロとも申請フォーム
スポンサードリンク