上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
頭に来る程てこづったのでメモ。

○参考サイト
迷走主義工房エーテルワークスさん
Qiita ruby2.x.xのインストール方法
Qiita sudo 経由で rbenv を使えるようにする

○ひっかかったところ
CentOS6では、yumでインストールするとrubyのパッケージは1.8.3がインストールされる。
しかし、redmineは2.0以上しかサポートしていないらしく、インストール中にエラー出た。
そこで、Qiita ruby2.x.xのインストール方法に従い2.3.0をインストール。
この時点ではgemコマンドにPATHが通っていないので、通す。
その後、gemコマンドでbundlerのインストール。
bundlerにもPATHを通す。
実行しようとしたら、root権限ではダメとか言って来たので、redmineディレクトリ以下をredmine編集権限のあるユーザーとおなじグループにした。
redmineディレクトリ以下、Gemfileがあるディレクトリ上で
bundle install --without development test postgresql sqlite
を入力。(※DBにはMySQLを使用)
そこからは迷走主義工房エーテルワークスさんのページに従って作業。

ほとんどのケースでpermissionエラーが出るので、sudo -i で乗り切ったが、ちゃんと環境変数設定しないとな。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
トラックバック URL
トラックバック
ご訪問者様
プロフィール

ゆってぃ

Author:ゆってぃ
経歴7年の組み込み系・制御系エンジニアです。
("ど素人"という文言は取りました…笑)
ソフトウェア開発経験ゼロの状態から、なんとか実務がこなせるようになってきた現在に至るまでの経験を、備忘録代わりに綴っていきたいと思います。
入門者の方、大歓迎!
(上級者の方、ごめんなさい…)

あと、ブログには全然関係ないですが、Bumpy Headというバンドのギターをやっています。
ライブ情報なんかも書いたりすることがあるので、その時に「行ってもいいよ~」といった感じのコメントを戴けると、泣いて喜びます(泣)
ブログ読んでくださってる方なら、チケット代サービスしちゃいます!

最後に…滅多に流用することは無いでしょうが、このブログに書かれているソースは、特に指定の無い限りMITライセンスとします。ただし、一部それ以外のものもございますのでご注意下さい。
※ブログのリンク先にあるコードに関しては、リンク先のポリシーに従ってください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter
リンク
ブロとも申請フォーム
スポンサードリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。