こんばんは、風邪で寝込んでしまったゆってぃです><
一人暮らしで風邪を引いた時の絶望感ってすごいですね。。。
はやく奥さんが欲しい…(切実)

今回は実験的に、Raspberry Piでタイトルに書かれた実験をしています。
なお、WLANデバイスはひとつだけで実現したいなって思っています。
因みに・・・まだ出来ていません。出来たところまで書きます。

<実験内容>
Raspberry PiにWLAN子機(WLI-UC-GNM2)を指す。
認識(仮にwlan0とする)されたら、wlan0に2つのIPを持たせる。
片方をAPとして、もう片方をSTAとして動作させる。

やったこと「AP編」
①固定アドレスの設定
②APのインストールと設定
③DHCPサーバーのインストールと設定

具体的な詳細は調べればすぐ見つかるので省きます。
①~③まで出来たら、ネットワークを初期化して②と③のサービスを走らせましょう。
sudo service networking restart
sudo service hostapd restart
sudo service dhcpd restart

これでAP側はOK。
スマホから接続できました。(ブロードバンドルータにルーティングしているので、ネットにも繋がりました)

STA側は、単純にwlan0:1としてIPエイリアスでIPを設けてwpa_supplicantを紐付けてあげたつもりが、なぜか動かない・・・。
どうやらサプリカントがエラーを出しているみたい。

wpa_supplicant: /sbin/wpa_supplicant daemon failed to start
run-parts: /etc/network/if-pre-up.d/wpasupplicant exited with return code 1

同じNICで、片方がAP、もう片方がSTAってダメなのかな?今回の実験ではセグメントも違うしな・・・。
続きは明日以降考えよう。。。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
トラックバック URL
トラックバック
ご訪問者様
プロフィール

ゆってぃ

Author:ゆってぃ
経歴7年の組み込み系・制御系エンジニアです。
("ど素人"という文言は取りました…笑)
ソフトウェア開発経験ゼロの状態から、なんとか実務がこなせるようになってきた現在に至るまでの経験を、備忘録代わりに綴っていきたいと思います。
入門者の方、大歓迎!
(上級者の方、ごめんなさい…)

あと、ブログには全然関係ないですが、Bumpy Headというバンドのギターをやっています。
ライブ情報なんかも書いたりすることがあるので、その時に「行ってもいいよ~」といった感じのコメントを戴けると、泣いて喜びます(泣)
ブログ読んでくださってる方なら、チケット代サービスしちゃいます!

最後に…滅多に流用することは無いでしょうが、このブログに書かれているソースは、特に指定の無い限りMITライセンスとします。ただし、一部それ以外のものもございますのでご注意下さい。
※ブログのリンク先にあるコードに関しては、リンク先のポリシーに従ってください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter
リンク
ブロとも申請フォーム
スポンサードリンク