こんばんは!

すっかりご無沙汰のゆってぃです。
会社がお正月休みに入ったので、この隙にブログを更新します!(笑)
ただ、最近は残業ばかりで電子工作する暇が無くて・・・書くことがないのです(涙)

という訳で
(苦し紛れではありますが)今回は、MPLAB X IDEから、PICkit経由でPICにプログラミングを行う方法をお伝えします。
今回はPICkit3を例にとって説明します。

まずは、ブレッドボードを用いてPICkit3とPICをを接続します。
(※ここでは、オンボード書き換えは考慮していません。ブレッドボードなどでプログラミングを行った後、基板に実装することを前提としています)
基本的に、接続するピンは5本です。

PICkitは、1ピンから順に
1: /MCLR
2: VDD
3: VSS
4: PGD
5: PGC
6: LVP
となっています。このうち、1 ~ 5ピンを接続してください。6は、オンボード時の書き込みなどで使用するので、今回は割愛します。

さて、/MCLRとVDD、VSSはすぐにわかると思うのですが、PGDとPGCは、マイコンによってはピンダイアグラムに記載がない場合があります。
(数年前にご紹介したPIC16F84Aも書いてありません)
そんな時は、 PINOUT DESCRIPTIONSのページを見ていただけると、表のどこかにSerial programming clock とかSerial programming data とか書いてあります。
これらのピンがPGCやPGDに対応しているので、接続してください。

接続が完了したら、次は書き込みです。
なお、ゆってぃのMPLAB Xはバージョンが少し古くて、v1.51です。
新しいものだと、少し要領が異なるかもしれません。

まず、書き込みを行うプロジェクトの上にカーソルを移動させます。
以下の例では、K11というプロジェクトを選択しています。
プロジェクト選択

プロジェクトの上で右クリックし、Set ConfigurationからCustomizeを選択します。
コンテクストメニュー

option categories から Power を選択します。
その後、Power target circuit from PICkit3にチェックを入れ、Voltage Level を設定します。
この時、使用するマイコンに合った電圧を選択してください。
正しく設定が出来たら、OKをクリックします。
パワーサプライ選択

次に、プロジェクト名の上で右クリックし、メニューからMake and Program Deviceを選択します。
すると、プロジェクトがビルドされ、デバイスへのプログラム書き込みが行われます。
この時、ダイアログボックスが現れ、以下の様な注意文が表示されます。

CAUTION.jpg

要約すると
MPLAB Xで選択しているマイコンと、実際に接続しているマイコンは間違ってないよね?
3.3V系のマイコンに5Vを入れちゃったりすると、壊れちゃうからね!!

と確認しているのです。
念のためご確認頂き、問題がなければOKを選択します。

すると、outputウィンドウでprogramming...という文字が表示され、しばらくするとProgramming/Verify completeという文字が表示されます。

これで書き込みは完了です^^

最後までお読み頂いて、ありがとうございました!
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
トラックバック URL
トラックバック
ご訪問者様
プロフィール

ゆってぃ

Author:ゆってぃ
経歴7年の組み込み系・制御系エンジニアです。
("ど素人"という文言は取りました…笑)
ソフトウェア開発経験ゼロの状態から、なんとか実務がこなせるようになってきた現在に至るまでの経験を、備忘録代わりに綴っていきたいと思います。
入門者の方、大歓迎!
(上級者の方、ごめんなさい…)

あと、ブログには全然関係ないですが、Bumpy Headというバンドのギターをやっています。
ライブ情報なんかも書いたりすることがあるので、その時に「行ってもいいよ~」といった感じのコメントを戴けると、泣いて喜びます(泣)
ブログ読んでくださってる方なら、チケット代サービスしちゃいます!

最後に…滅多に流用することは無いでしょうが、このブログに書かれているソースは、特に指定の無い限りMITライセンスとします。ただし、一部それ以外のものもございますのでご注意下さい。
※ブログのリンク先にあるコードに関しては、リンク先のポリシーに従ってください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter
リンク
ブロとも申請フォーム
スポンサードリンク