Category : Yocto
思いっきりはまったので、備忘録がわりに。

以下の環境だと、ddコマンドやcpコマンドで、VirtualBoxで認識しているSDカードに大きなファイル(数MB程度)を書き込もうとすると、Input/output errorが発生し、結果としてVirtualBoxが一時停止状態になってしまいます。
一時停止を解除しても、またすぐに停止状態に陥るので、ゲストOSとしてはハングアップに近い形になります。

<環境>
ホストマシン:Windows10
VirtualBox:version 5.1.26
ゲストOS:ubuntu 16.04

似たような現象が、チケットにも記載されています。
https://www.virtualbox.org/ticket/17020

<対応策>
VirtualBoxのバージョンを5.2系に挙げたところ、発生しなくなりました。
スポンサーサイト
こんばんは。
今年もいよいよ終わりに近づいてきましたが、未だに独身のゆってぃです。

今更ながら、組み込みの世界では常識となったYoctoを記事に取り上げます。

今日やること:raspberryPi2上にYoctoでビルドしたLinuxを動作させる。
 ○開発OS:ubuntu 14.04(32bit) ※Virtual Box上で動作
 ○参考サイト:Qiita Raspberry Pi3 with Yocto Project:環境構築(※RaspberryPi3向けの記事ですが、2でも同じです)

①開発に必要なパッケージのインストール
 Yoctoの公式ページに従って、必要なパッケージをインストールします。

$ sudo apt-get install gawk wget git-core diffstat unzip texinfo gcc-multilib \
build-essential chrpath socat libsdl1.2-dev xterm


②pokyのダウンロード

git clone git://git.yoctoproject.org/poky -b krogoth


gitの処理が終わったら、cdコマンドでpokyディレクトリに入って下さい。

③ビルドに必要なmetaファイルの取得

git clone -b krogoth https://github.com/meta-qt5/meta-qt5.git
git clone -b krogoth git://git.openembedded.org/meta-openembedded
git clone -b krogoth git://github.com/jumpnow/meta-rpi
git clone -b master git://git.yoctoproject.org/meta-raspberrypi


④ビルドの設定

source oe-init-build-env build_rpi


これで、confディレクトリ以下にはlocal.confとbblayers.confが作られます。
ただ、これはqemu用なので、raspberrypi用に置き換える必要があります。

⑤confファイルの置き換え

cp ../meta-rpi/conf/local.conf-sample conf/local.conf
cp ../meta-rpi/conf/bblayers.conf-sample conf/bblayers.conf

bblayers.confのファイルパスは、各自の環境に応じて書き換えてください。

⑤bitbakeの実行

bitbake -k core-image-minimal


○以下、自分用メモ
・Devicetreeについて
Qiitaの記事にあった。
ご訪問者様
プロフィール

ゆってぃ

Author:ゆってぃ
経歴7年の組み込み系・制御系エンジニアです。
("ど素人"という文言は取りました…笑)
ソフトウェア開発経験ゼロの状態から、なんとか実務がこなせるようになってきた現在に至るまでの経験を、備忘録代わりに綴っていきたいと思います。
入門者の方、大歓迎!
(上級者の方、ごめんなさい…)

あと、ブログには全然関係ないですが、Bumpy Headというバンドのギターをやっています。
ライブ情報なんかも書いたりすることがあるので、その時に「行ってもいいよ~」といった感じのコメントを戴けると、泣いて喜びます(泣)
ブログ読んでくださってる方なら、チケット代サービスしちゃいます!

最後に…滅多に流用することは無いでしょうが、このブログに書かれているソースは、特に指定の無い限りMITライセンスとします。ただし、一部それ以外のものもございますのでご注意下さい。
※ブログのリンク先にあるコードに関しては、リンク先のポリシーに従ってください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter
リンク
ブロとも申請フォーム
スポンサードリンク